SERVICE

プリザーブドフラワー
プリザーブドフラワー
プリザーブドフラワーの特徴
プリザーブドフラワーの特徴
生花と変わらない外観を持ちながら、造花のように美しさを長く保つことのできることがプリザーブドフラワーの一番の特徴です。そのカラーバリエーションの豊富さから、結婚式や誕生日のギフトのほか、母の日などのイベントごとによく使われます。
また、保存のしやすさから、購入して玄関やリビングルームなど、部屋に飾って楽しんでいただくこともできます。
プリザーブドとは
プリザーブドとは
「プリザーブド」とは英語で「保存された」という意味で、「preserved」と書きます。
生花の一番美しい時期に色素を抜き取り、特殊な加工で状態を保ちます。
枯れることがないため、花の保存に欠かせない水やりの必要もないことが、プリザーブドフラワーの大きな特徴です。
生花ではないので、花粉・香りはございません。

染料を染み込ませるため、生花にはない豊富なカラーバリエーションも楽しめます。
最大の特徴である保存期間の長さ
最大の特徴である保存期間の長さ
プリザーブドフラワーの発症はヨーロッパです。
そのため、5年から10年は美しさを保つと言われていますが、日本は多湿気候のため、そこまで長くは持ちません。それでも、保存環境に気を使い、大切にしていれば5年以上保存しておくことも可能です。
プリザーブドフラワーの長さを保つために
プリザーブドフラワーの長さを保つために
プリザーブドフラワーは生花よりも長く美しさを保つことが出来ますが、とはいえ、保存状態が悪ければやはりすぐに劣化してしまいます。
プリザーブドフラワーを長く楽しむために、以下のことに注意しましょう。

①高温多湿を避ける
湿度が高いと、着色した染料が滲み出てしまったり、花びらにヒビが入ってしまったりします。プリザーブドフラワーを飾る場所は出来るだけ湿度を低く保てる涼しいところにしましょう。

②強い光を避ける
温度が高い環境もプリザーブドフラワーの天敵です。
できるだけ風通しの良い場所を選び、強い光があたるスポットライトや、直射日光は避けましょう。
ネイル
ネイル
ネイル
¥8,000~(税込)
ネイル
エステ
エステ
  • Kelly Rose
  • Kelly Rose